スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

春の光



B20130324_010_1.jpg
広島市内 2013/3/24



B20130324_008_1.jpg
広島市内 2013/3/24



B20130324_020_1.jpg
広島市内 2013/3/24




春の日のさやけき光よ

水の都ののどけき流れよ

年めぐり世は変われども

おそろしき記憶とどむる



スポンサーサイト
2013-03-25 : 町の写真 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

こん
広島にお戻りでしたか。
一言おっしゃって頂けたら、ちょっと一杯やれましたのに(^^)

この日の雰囲気が良く出てますね。
ちょっと霞んでいましたね。

最後の詩は椿の茶屋さんが作られた詩ですか?
なんと素晴らしい!
広島の人の気持ちそのものです。
感動しました。
2013-03-25 21:58 : takke URL : 編集
No title
こんにちは

おぉ、これは元安川? 広島に帰っていたのですね。
2013-03-26 00:45 : Dachi URL : 編集
Re: こん
takkeさん、こんばんは!

そうなのです。いまは年度末ですから、年末とは違ってあわただしい帰省
でした。いつの日か、わたしもチャンスをうかがっております(笑)
霞のかかったような日でしたねぇ。瀬戸内の春らしさがよく出ていたと
思います。こういう日には島などに行くと新しい被写体の発見があるので
しょうけど、忙しくて平和公園・紙屋町界隈までです。

おはずかしながら記事末尾の四行はわたしのです(^^;) のどかな風景
からは、かつてこの岸辺が火に包まれて川面が人の体で埋め尽くされたと
いう(私も聞いているだけですが)出来事があったなどとは想像もつきま
せん。人間は、幸せであるうちは往々にして他人の痛みに無関心で、いざ
自分が痛い目にあってはじめて苦しみを理解するもので、なかなかに自分
勝手な生き物であると思います。だからこそわれわれは、かつて苦しんだ
記憶を忘れちゃいけません・・・よね、と考えました。

2013-03-27 00:45 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: No title
Dachiさん、こんばんは!

速攻帰省で、これは元安川です(^^) 広島市の小学生は三年生で川の名前を
全部習います。古い歌には七つの川などと出てきますが、太田川放水路が完成
した現在は六本ですね。
2013-03-27 00:50 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。