FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

めざせ雪の八ヶ岳・2

中山峠というところで稜線に出ました。ここから椿の茶屋の力でたどれそうなルートは3つ。
 ① 東。野辺山側へ下り、稲子湯登山口へ出る。
 ② 北。稜線をたどって高見石、麦草峠へ。
 ③ 西。もと来た道をすごすごと引き返す。

まず①。東へ下りる急斜面の道はふわふわの深い新雪にすっぽりとおおわれ、トレース皆無。一瞥してこれは無理だと見切りをつけ、②の北への道をたどってみました。かろうじて残された足跡を手掛かりに歩いていくと、足が膝上までズボッ。足を抜いて再び歩くと、またズボッ。やがて胸までズボズボズボ・・・あたりに人影は当然なし。標高は2,400m余。

ここへやって来た動機がそもそも曖昧なものだから、たちまち気が萎えていきます。ひとりだし、ここで雪に埋まったら誰も助けに来てはくれないなぁと。これで取るべきルートははっきりしました。③退却!

雲間から一瞬射し込んだ光が天狗岳を照らします。

B20130208_021_1.jpg
中山峠付近にて 2013/2/8

エビのシッポ。背景は東天狗。もう少しボカしたかったのですけど、高倍率ズームの絞りではこれが限界(^^;)

B20130208_028_1.jpg
中山峠付近にて 2013/2/8

風が強くてとにかく寒い尾根道でした。20代のころ暮らした米国中西部の真冬って感じの寒さで、体感温度的にはマイナス20℃以下。手や足の皮膚がしびれはじめ、カメラの電池も急速に弱ってゆきます。あめ玉のように凍りついた道をアイゼンの爪で踏みしめながら下り、山小屋に入りました。

スポンサーサイト
2013-03-16 : 山の写真 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

冬山
写真が綺麗ですね〜♫
この写真を見て、音も何もない、静かな雪山を想像してみました。

胸まで雪で埋まるような所まで、一人で行かれたんですか!?
怖いです。(^^;)冬になるとよく、山で遭難して救助される
ニュースを見ますが、やはり登るだけじゃなく、ひく決断も大切ですよね。

枝に張り付いた雪が、冬山の厳しさを感じさせます。
これはよほど経験がなければ、登れないところですね。
2013-03-16 02:11 : yoyo URL : 編集
ナイス決断!
素晴らしい風景ですね。
こんな所歩いてみたいな~と思います。

『退却』この決断が有ったからこそこの風景を我々も見ることが出来た!かもしれません。ありがとうございますm(__)m

ちなみに今の私は登る前に退却しております(笑)
なんとかしなくては…(-_-;)
お邪魔しました。
2013-03-16 06:26 : takke URL : 編集
トレースがあれば!
 どちらもさほど難しいコースでなく
この映像の空なら、のんびりと歩けるのですが
かって知ったるエリアでなければトレースを
はずしたりしない方が良いですから
賢明なチョイスですよ!
 さあ、次は温泉ビールですか?客が少ないと
休んだり浴槽の数を減らしたり、冬は・・・
2013-03-16 08:05 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
Re: 冬山
yoyoさん、こんにちは!

胸まで埋まるというのはちょっと想定外でした・・・がんばれば行けない
ことはなかったかもしれませんけど、そういう状態がどれだけ続いてそこで
どれだけの体力を消費するのか、日暮れまでに乗りきれるのか皆目分かりま
せんでした。雪と戦うのが今回の目的でもなかったので、さっさと撤退を
決めました。

吹き付ける風がごうごうと音を立てるほかは、ただ雪と山がある、そんな
場所でした。その場に立ち止まってじっと眺めているといろんな思いが湧き
あがってくるんだろうと思いました。普通は動き回っていれば暖かい血液が
身体の中を循環するのでさほど寒さは感じないのですが、ここはそれでも
手足がしびれるほどの寒さで、あまり長居はできませんでした。でも行った
だけの甲斐はあったと思います(^^)
2013-03-17 10:00 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: ナイス決断!
takkeさん、こんにちは!

この風景は中国地方だと大山くらいでしょうかねぇ。わたしは冬の大山には
登ったことがありません。日本海の雪がもろに吹き付けるので、結構危険な
冬山だと聞きます。それに比べればここ北八ヶ岳は、まだマイルドな感じで
す。あと、九州の九重山あたりも冬期にトレッキングを楽しんでおられる方
があるみたいですね。

登山って平時は楽しいですが、何かあるとほんとに危険な目に遭いますもの
ね。一昨年に真夏の北アルプスの稜線で暴風雨に巻き込まれてつくづく思い
ました。登る前の退却も大事だと思います(^^)/
2013-03-17 10:09 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: トレースがあれば!
さぶちゃん大魔王さん、こんにちは!

そうなのです。稲子湯ルートや丸山・高見石ルートなら、トレースが
あって天気を読めればピッケルやワカンなしで何とかなると考えて
行ったのですが、山行日前の数日間(平日)にかなりの降雪があった
ようで、自分一人で歩ける状態ではありませんでした。無雪期なら
雑作もない道でも、厳冬期は一筋縄ではいかないんですね・・・

次は・・・温泉ビール直行ではなかったのです(笑)山小屋の一夜、
でありました(^^)
2013-03-17 10:19 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。