FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

冬の探鳥・4

クロジから少し離れた場所で、ミヤマホオジロを見つけました。これもなかなか出会いの機会のない鳥で、椿の茶屋が見たのは2年ぶりです。10羽ほどの群れを作り、シジュウカラなどにまじって、落ち葉のたまった斜面に静かに陣取ってエサを探しておりました。物陰に隠れての撮影です。

鮮やかな頭頂部の黄色。胸にある逆三角形の茶色の模様も<前掛け>のようで、かわいらしいなぁと思う鳥です。

B20130211_014_1.jpg
ミヤマホオジロ(オス) 東京都内 2013/2/11

B20130211_015_1.jpg
ミヤマホオジロ(オス) 東京都内 2013/2/11

小ぶりな身体で、枯葉の山の中の保護色になっていて、しかも鳴き声も何も立てないものですから、そこにいると知らなければ気づかないでしょう。実際ほとんどの人は、何してんだか?という顔で通り過ぎていきました。撮影していても、つい見失いそうになります。

B20130211_009_1.jpg
ミヤマホオジロ(メス) 東京都内 2013/2/11

35mm判換算で500mmほどの焦点距離のレンズではピント合わせに苦しむ撮影でした。こういうことをやっていると、さらに長い玉が欲しくなります。いや、わたしは足るを知らねばならん(笑)

スポンサーサイト
2013-03-10 : 野鳥 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

いやあ!
 クロジも知らなかったし、ミヤマホオジロも図鑑でしか見たことが無い鳥です。いヤア、羨ましい。
 ところで今山行の撮影機器は35ミリ換算としてありますが、小型カメラ、コンイチとかを携行したのですか?
2013-03-11 07:51 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
Re: いやあ!
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは!

滅多に見ない鳥なのです。そういう鳥をたまたま見たからといって
自慢などしてはいけないのですが(笑)チョウにせよ鳥にせよ、
きれいなものは撮りたくなり、撮ってしまったものは掲示したく
なりました。ピンが甘い証拠写真ですがご容赦くださいませ。

この鳥を撮ったカメラは一眼レフです。わたしのデジタル一眼は
撮像素子が小さくて、ライカ判(35mm判・フルサイズ)の3分の2
ほどしかないので、レンズの焦点距離を言い表すときは35mm判に
換算してあげないとわかりにくいかなと思いまして(^^ゞ
2013-03-11 22:09 : 椿の茶屋 URL : 編集
モヒカン
こちらに来ました。(^^)頭がツンツンしているのはmésange huppée(メザンジュ.ユッペ)と言います。
この鳥さんのように黄色いカンムリではありませんが、こぶりでカワイイ鳥です。

話は変わりますが、先日「煙霧」なるものが東京に発生していたようですが、PM2.5や花粉、黄砂といい大気の汚れが気になる春の訪れになってしまいましたね。
こんなことが当たり前になる春にはなって欲しくありませんね。
2013-03-14 02:46 : yoyo URL : 編集
Re: モヒカン
yoyoさん、こんばんは!

いまさら何ですが、ネットって便利ですね。mésange huppée、さっそく
調べてみました。こちらのモヒカンくんとは確かに色とかちょっと違い
ますけど、でもかわいいですね。いたずら小僧って印象です(^^)

煙霧は見ましたよ。このあいだの日曜日のことでした。下の娘とドライブ
に出かけた先で、娘が「空の色がすごいことになってるって友だちから
メールが来た」と言うのです。えっ何のことだろうと思って関東平野が
見えるところまで戻ってみると、灰色と黄色の混じったような気持ち悪い
色でした。翌日強い季節風が吹いたのですぐに晴れましたが、あれは何
だったんでしょう。気象庁は関東平野の砂塵だといい、一部のマスコミは
中国のPM2.5だといい・・・PM2.5だとしたら関東だけじゃなく西日本にも
広がるような気もしますが・・・。健康に害のない自然の現象なら色がどう
だろうが構わないと思うんですが、本当のところどっちなのか、気になる
ところです。
2013-03-14 23:49 : 椿の茶屋 URL : 編集
雄の喉の黄色鮮やか
ミヤマホオジロは未見の野鳥の1種です。
雄の喉の部分の黄色が鮮やかで綺麗ですね!
2013-03-16 20:48 : ヒメオオ URL : 編集
Re: 雄の喉の黄色鮮やか
ヒメオオさん、こんにちは!

オスが胸を張って枝に止まった様子がサンタのおじさん
のようでかわいいです。関東周辺の山地で見られるのは
冬の間だけ、しかも群れで場所を動く鳥らしく見に行っ
ても当たり外れがありますので・・・ご覧になる機会が
あるといいですね(^^)
2013-03-17 09:43 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。