FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

陽だまりの丹沢・1

1月13日(日)、神奈川県の丹沢山系を一日歩いたときの写真から、です。三連休の中日でしたから、本来なら山上で夜景や朝夕の空模様を楽しみたいところ。しかしちょうど爆弾低気圧が接近しており翌14日が雪の予報であったため、日帰り山行となりました。

朝6時50分に小田急渋沢駅前を出発する大倉登山口行きのバスは大入り満員。2台目が出るほどの盛況でした。この日は体調が特に良かったせいか、大倉尾根(通称バカ尾根)の長い登り坂などまったく苦になりません。25分歩行・5分休憩のペースをきっちりと守り、快速山ガールと抜きつ抜かれつを繰り返しておりました(^^;)

途中の坂(堀山の家のもう少し上あたり)から、富士山と沼津・駿河湾方面がよく見えます。丹沢に足を踏み入れるのは実は初めてなもので、海や富士山が間近に見える景色が新鮮に感じられました。

B20130113_012_1.jpg
丹沢・大倉尾根にて 2013/1/13 (白黒現像)

登山口から3時間半ほどで塔ノ岳の頂上に到着。まだ体力があり余っていると自分では感じていて、翌日の天気の心配さえなければ丹沢山でも蛭ヶ岳でも歩いていっただろうと思います。

B20130113_022_1.jpg
丹沢・塔ノ岳頂上にて 2013/1/13 (白黒現像)

山頂から南を向いたところ。眼下の町は小田原で、その向こうに真鶴半島、初島、伊豆半島の海岸線。

B20130113_036_1.jpg
丹沢・塔ノ岳頂上にて 2013/1/13 (白黒現像)

奥多摩から眺めるのと違って、富士山が大きく見えます。さすが丹沢。

B20130113_033_1.jpg
丹沢・塔ノ岳頂上にて 2013/1/13 (白黒現像)

スポンサーサイト
2013-02-11 : 山の写真 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

白黒
 モノラルの現像
懐かしいような感じで
いいですね!
雲取への山行を何度もされているようなので
丹沢も通っていると思っていましたが
初めてだったんですね。
次は西丹にも足を延ばしてください。
2013-02-12 07:58 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
No title
こんばんは~。
今回はモノクロですか。
一枚目の雄大な景色もいいですが、
3枚目の遠近のあるグラデーション、
4枚目の薄雲との組み合わせもいいですね。
これは額に飾りたくなりますね(笑)
モノクロもいいなー。
2013-02-12 23:24 : Tigerうっす URL : 編集
Re: 白黒
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは!

昔は白黒フィルムを自分で現像して焼き付けて、という写真の楽しみがあって
(まあ今でも一応ありますが)自分もそういうのを楽しんでいた時期がありま
したので、いまでも好きです。どういうときにカラーで表現してどういう状況
なら白黒がいいのか、まだ自分でもはっきりとは分かりませんけど、単純であ
る分だけ表現の意図が画面に出やすいので、作品を作りやすい反面難しくもあ
る、ということなんだろうなーと、漠然と思っています。要するに、白黒でい
ろいろ現像していくと自分の写真の至らなさが浮かび上がるようで、厳しいも
のも感じます(笑)

丹沢に足を踏み入れなかった理由はいくつかあって、新宿まで出て小田急に乗
らなければならないので自宅から行きにくい、というのが表向きですが、白状
しますと山ビルが嫌いで(笑)そうはいってもいい山だということは今回よく
分かりました。西丹沢はヤシオツツジがきれいだそうですね。その季節に一度
は行ってみたいなと思います(^^)
2013-02-12 23:44 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: No title
うっすさん、こんばんは! 日曜日の鳥さんはいかがでしたか(^^)?

さて、モノクロです。四枚それぞれ撮ったときの考えがあるのですが、
ワタシが自分で一番心にかかっているのは実は二枚目なのです。記録の
意味を込めて塔ノ岳の標柱を大きく入れたのですが、こんなものは入れ
ないで、富士山を眺める登山者たちをもっとうまく配置できればよかった
なーと今になって反省することしきりです(あはは)

デジタルのモノクロ現像、手軽に遊べますよー。うっすさんもいちど、
お試しになってはいかがでしょう(^^)
2013-02-13 00:04 : 椿の茶屋 URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-19 22:02 : : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。