FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

年の瀬雪山行・7

引続き、早朝の雲取山頂上にて。

日の出からごくわずかな時間の太陽の光は強い赤みを帯びています。まあそのこと自体は下界でも経験則的に理解できるところですが、雪がこのように赤く染まるものだとは知りませんでした。

B20121224_010_1.jpg
雲取山 頂上にて 2012/12/24

それもわずかの間で、光の色はどんどん黄色く、そして白く変わっていきます。ドラマチックな赤い光がたちまち失われていくのは残念でしたが、白っぽくなった光もそれはそれで魅力的な光景を眼前に展開してくれたと思います。木洩れ日に照らされる雪面のデリケートなタッチに感嘆の念を禁じ得ませんでした。

B20121224_024_1.jpg
雲取山 頂上にて 2012/12/24

遠くを見やれば、東京湾が光っています。この点は冬ならでは。手前は川崎の工業地帯、海の向こうは木更津でしょうか。

B20121224_030_1.jpg
雲取山 頂上にて 2012/12/24

スポンサーサイト
2013-02-06 : 山の写真 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

そうなんですか!?
 南房総あたりにもカメラを携えて!
 さて、山の朝の姿、夕べの情景
どちらも素敵なもんですよね。私は雪山は朝、夏山は夕方が、その後に続く景色が好きでしたね。冬の一万尺の頂を鴇色に染め上げた後はコバルトブルーの中に白いスカイラインを描き出す冬のアルプス。夏は、真っ赤に焼けた夕日は遠くの峰のなかにしずんだのに残照がまだ空を明るくしたままで、気がつけば三番星も五番星も。まだ手元の見える幕の外でラジュウスの音を聞きながら今日の成果に満ち足りて遅い夕食を摂る。
 今は車で高いところまで行くこともできるし、夏山なら幕営だけでも・・・
2013-02-07 07:59 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
Re: そうなんですか!?→そうなんです!
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは。

南房総へ足を運びだしたのは元々釣りのせいなのです。最近は高速道路が
延びて楽になりましたが、逆に足が海から山へと向かうようになって回数が
減りました。岩井とか富浦のボート釣り場へ年に一回くらい出没してシロ
ギスとかカワハギを狙います。しかし、釣りというのはいい写真を撮るのが
難しいなあと思って苦心しています。

そして、そうですね。かなり高いところまで車やロープウェイで登れる場所
はありますので、そういうところで山の夕暮れ朝焼けを楽しまれるというの
も可能ですよね。しかし大魔王さんの場合、ニワトリさんや文鳥さんもおら
れますから・・・大変ですね。
2013-02-07 20:59 : 椿の茶屋 URL : 編集
あれ!?
椿の茶屋さん、こんにちは!これは予想だにしない光景ですね。
まあ考えてみれば確かに川崎あたりが見えて当然なんですが、この移り行く雪景色に、ぽっと工業地帯。
今まで完全に頭が自然の中にいただけに以外な感じです。
なんだか考えさせられる一枚ですね。
2013-02-08 06:30 : yoyo URL : 編集
Re: あれ!?
yoyoさん、こんばんは!

肉眼では厳しいこともありますけど、望遠レンズや双眼鏡で見れば
平野部の様子がよく分かります。スカイツリーを探すのはそんなに
難しくないです。言い方を変えますと、この山の上からは夜景も
きれいに見えるんですよ。

さらに言い方を変えれば、この山のてっぺんは平野部のいろいろな
場所から見えているはずなんです。東京都の最高峰とはいっても
関東平野をとりまく山々のひとつに過ぎませんから、下界にいる
ときには気にも留めませんが。遠くて近い平野と山頂、なのかも
しれませんね(^^)
2013-02-09 21:45 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。