FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

紅葉の谷川岳・1

またまた紅葉の山。といっても今回は麓の写真です。

冷たい風が吹き抜け、時折小雨のぱらつく谷川岳・一ノ倉沢。言うまでもない有名な場所。この日、遭難者のメモリアルプレートがそこかしこに貼り付けられているこの沢の入口も、紅葉の真っただ中でした。

B20121029_035_1.jpg
谷川岳 一ノ倉沢 2012/10/29

見る者の前にすさまじい迫力で立ちはだかる、谷川岳の岩壁。その自然の力を前にして若い血をたぎらせた人々の気持ちが、ここへ来ると少し分かるような気がします。

スポンサーサイト
2012-11-07 : 山の写真 : コメント : 13 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

ありがとう
 ここしばらく、マチガから奥には足を踏み入れていません。いつか女房を一の倉に連れて行き、テールリッジの下から衝立を見上げさせ、青春の日の回顧をするのが小さな夢です。それまでは、天神平で遊んでいましょう。
2012-11-08 06:29 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
No title
一の倉沢、迫力ありますね~。
一度は実際に見てみたいものです。
黄葉の時期でもうすこし陽があたつ場所でもあればもっとすざましい迫力でしょうね。
2012-11-08 21:02 : きさく URL : 編集
Re: ありがとう
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは!

この沢に思い出がおありなのですね。ここを登った人、登れなかった
人、いろんな人の記憶の詰まった場所なんだろうなあと、若輩者はただ
想像しておりました。実際にこの壁を登るなどわたしにはとてもできま
せんが、道路からこの山を見上げていると、山の大きさに感動すると
同時に、登ってみたいという衝動がふっと湧いてくるのを感じました。
これは大した山だと思いました。
2012-11-08 23:39 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: No title
きさくさん、こんばんは!

谷川岳ロープウェイの駐車場から国道(実質的には歩道)を1時間弱
歩いて行ける手軽な場所ですので、機会があったらお試しになっては
いかがでしょう(^^)。大迫力です。

壁が東を向いていて、岩に日が当たるのは朝だけだと思います。この
日はたまに陽が射したのですけど、訪問が正午頃だったのでちょっと
時間的に遅かったかもしれません。
2012-11-08 23:43 : 椿の茶屋 URL : 編集
No title
凄い! と言うよりもまさしく凄まじい迫力ですね。
そして、とても美しいです。
人を拒むような、人を寄せ付けない程のこの山を見あげて、
山を愛する人たちは尚、この山に登りたい気持ちをかき立てられるのでしょうね。
この美しさと険しさを、呆然として魅入るばかりです。
2012-11-08 23:53 : ひつじ草 URL : 編集
Re: No title
ひつじ草さん、こんばんは!

高所恐怖症のわたしは、こんな岩壁にはこわくて登れません(^^;)
が、見た瞬間「あっ」と思ったのです。山好きを吸い寄せる魔性の
ようなものを感じます。

この岩壁の迫力を写真でどう捉えるか、なかなか難しい課題だなー
と思いました。今回はどちらかといいますと紅葉狙いで、妻を連れ
てもいたのであまりウロウロできませんでしたが、この先研究の甲
斐がありそうです(笑)
2012-11-09 00:41 : 椿の茶屋 URL : 編集
来年の足しに!
 山の写真というのは
下から見上げる。
上から見下ろす。
対面から撮る。
登りながら撮る。
ということが考えられますよね。
航空写真でもなければ対面はちょっと無理で、下から見上げるが、普通のスタイルになってきますが、いまは禁止区域の入山条例、どうなっているのか知らずにいますが、五、六月の残雪期ならば、容易にといっても基本的な岩の技術はあってのことですが、テールリッジから南稜テラスには楽に行ける範囲です。そこまでいけば、衝立・烏帽子・本谷・滝沢と迫力ある写真が撮れると思います。ただ、高所感のほかに、絶え間ない落石音も気になりますが。メットは頭部保護のためにあったほうがいいと思います。
2012-11-09 06:43 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
No title
こんばんは。 はじめまして。
懐かしい光景です。
若かりしころ、ここに見えている衝立岩にこそ登れませんでしたが
ここの近くを登りました。
今は撮影だけに行くところですが、中々行けません。
高所恐怖症で、前だけを見て登った思いがよみがえります。
過去を懐かしく思い出させてくださり、ありがとうございました。
リンクいただきました。
2012-11-09 23:03 : すべりひゆ URL : 編集
原点
一ノ倉沢

大袈裟かもしれませんが私が山に登ろうと思った原点の地であります^^
数え切れない程のレリーフと天神平からならビギナーでも到達できる稜線
自分も魔性にやられてしまった一人であります。
いつかあの稜線からの景色を眺めたいと思っています、ノーマルルートからですけど^^;
2012-11-09 23:56 : チンタ URL : 編集
Re: 来年の足しに!
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは!

お恥ずかしながらわたし、クライミングは経験ゼロです。南稜テラスとはどういう
ところか早速調べてみました。たしかに、撮ってみたくなります!クライミングの
ルートとしては初歩的なところなのですね。あとはその岩登りの基礎をどうやって
学ぶか、それから高所恐怖症をどうやって克服するか(笑)、です。これには少し
時間がかかりそうですが、こういう技術を身につけるならまだ若くて体力のあるう
ちがきっといいんでしょうね・・・
2012-11-10 00:32 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: No title
すべりひゆさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。きれいな
山のお写真、日々楽しませていただいております。

そうですか、すべりひゆさんも一ノ倉沢クライマーのお一人だったのですね。
ある年代以上の方々の中には意外にたくさんおられるものなんだなあと思い
ました。谷川岳の力にあらためて感じ入っております。わたしは岩の経験ゼ
ロですしここを訪れたのも初めてでしたが、そういう技量の有無といったこ
とを超えて見る人をわくわくさせてくれる、すばらしいところですね!

こちらからもリンクさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします(^^)
2012-11-10 00:48 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: 原点
チンタさん、こんばんは。

チンタさんも、そうでおられましたか!

わたしは岩登り技術が現在のところないので、もちろんノーマルルート
ですが(^^;)ともかく一回足だけで登ってみたいなぁと思います。
歩いてみるとどんな山なんだろうかと、わくわくします。しかし・・・
休みの数も使えるお金も限られているのに、行きたい山がたくさんあり
すぎて、困りました(笑)
2012-11-10 01:04 : 椿の茶屋 URL : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-27 16:22 : : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。