スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

低山はまだ秋の入口・3・高尾山

景信山の頂上を発ったのが午前11時20分。小仏峠まで下り、そこから針葉樹林の中をまたゆるやかに登ります。そして着いた小仏城山(標高670m)は、陣馬山や景信山とはうってかわって大賑わい。食事と休憩を楽しむ登山者たちの傍らで、一部の木の葉がかろうじて色づき始めていました。

B20121021_026_1.jpg
小仏城山頂上にて 2012/10/21

高尾山へと向かう、秋風の吹く稜線上にて。富士山がちょっとだけ、かすんで見えます。

B20121021_030_1.jpg
一丁平付近にて 2012/10/21

続く高尾山の山頂(標高599m)は、快晴の日曜日とあって、もう新宿並みの混雑ぶり。まっすぐ歩けません(^^;)。のんびり休憩する気も失せ、人をかき分けながらさっさと下山いたしました。

人が通らない瞬間を見計らって、さっと一枚・・・

B20121021_032_1.jpg
高尾山薬王院にて 2012/10/21

で、高尾山口へ下りたのが午後2時10分。陣馬の麓から歩き始めて、19kmを6時間45分でした。歩きグセの矯正には役に立ちませんが、筋肉が多少なりともついたせいか、この記事を書いている今(11月2日)になっても膝の調子がとりあえずいい、というのが救いです。

文字通り駆け足でめぐり、慌ただしく撮った高尾山系プチ縦走ツアー。以上です。次はもう少しじっくり構えて出したいな、と思います(^^;)
スポンサーサイト
2012-11-02 : 山の写真 : コメント : 6 : トラックバック : 1 :
コンデジ買いました «  ホーム  » 紅葉と山歩き・6・雨降りやまず
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ【低山はまだ秋の入口・】
景信山の頂上を発ったのが午前11時20分。小仏峠まで下り、そこから針葉樹林の中をまたゆるやかに登ります
2012-11-04 11:42 : まっとめBLOG速報
コメントの投稿
非公開コメント

そうですか、高尾
今は、新宿と変わらないほどの
混雑なんですか?
考えてみれば想いでは
40年前のことばかりなんですね。
まだ静かな日曜日。観光客も少なく
ハイカーが散っていたのは
2012-11-02 07:22 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
No title
おはようございます。♪
一枚目の紅葉も美しいですが、光るススキがとても印象に残ります。気持ちの良い秋風を感じます。
新宿の街中のような混雑ぶりとは…。まっすぐに歩けなくて人を避け避け歩く山とは!
そういう山に行ったら、田舎モノのわたしはビックリです。(^^;)
2012-11-02 09:45 : ひつじ草 URL : 編集
Re: そうですか、高尾
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは!

季節や時間帯にもよるのだと思うのですが、この日は暑くなく寒くもなく
快晴の日曜日の昼下がりってことで、結構な人出でした。頂上のおそば屋
さんは皆行列で、新しい巨大なトイレ棟も当然行列で・・・登山者などは
一握りで、中には革靴やハイヒールの人も。ケーブルカーやリフトは整理
券を配っておそらく数十分待ちでした。某有名ガイドブックに紹介されて
人の増えた高尾山は、いまや一大観光地の感があります。
2012-11-03 00:13 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: No title
ひつじ草さん、こんばんは!

この日は天気、気温、曜日、時間帯など、人出が増える条件が揃って
いました。だから雑踏状態になってもさほど驚きはしなかったのです
けど、それにしても、この山頂でわたしがこれまでに見た中では最大
の混雑でした。自然を楽しみに登る山とは言い難いですね・・・

ただ高尾山の名誉のために申せば、夏の早朝などはとても気持ちいい
ひとときを過ごせる場所だと思います。ケーブルカーが動き始める前
に徒歩で登った山頂の風のすがすがしさは、忘れられません(^^)
2012-11-03 00:25 : 椿の茶屋 URL : 編集
高尾山!
あの有名な高尾山
日本一登山者が多い高尾山
広島の本通りとどちらが人が多いのでしょう?
なんて思ってしまいました(^_^;)

椿の茶屋さんの山行記は写真がいいので見ていて清々しい気持ちになります。お蔭でこちらで満足してしまって最近山に登っていません(^_^;)

これからも私のかわりによろしくお願いします(^^)v
2012-11-04 06:29 : タッケ URL : 編集
Re: 高尾山!
タッケさん、こんばんは!

最近帰省すると、本通りあたりをぶらっとすることがあります。
たしかにちょっと人が少ないですかねぇ、それとも昔からあんな
ものだったでしょうか。それでも人出という意味で、広島が東京
に比べて絶対に上回っていると思うことがひとつあります。それ
は朝の電車(JRと宮島線)の混雑ぶりです。単に編成が短いから
ですかね(^^;)

中国・四国の山は、あまり登ってないのです。三瓶は小さい頃、
剣山に10年ほど前。最近は深入山のみ。大山も石鎚も登ったこと
がありません。恐羅漢も道後山も。タッケさんの山行記も、ぜひ
見せて下さいませ(^^)
2012-11-04 18:14 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。