FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

秋の高原では・4・ベニヒカゲ

9月上旬に信州の高原を飛んでいたチョウたち、最後はベニヒカゲです。夏山ハイシーズンの日本アルプスや八ヶ岳を歩くとかなり頻繁に見かける高山チョウです。八方尾根では10月上旬に標高700mの登山口付近でも(数は少ないですが)見ることができました。

気温の高い時期に比べて動きが鈍いので撮りやすくなりますが、シーズン末期のためかなり傷んだ個体が多くなっていました。これでもきれいな子を選んで撮っています。

B20120909_076_1.jpg
ベニヒカゲ 長野県内 2012/9/9

人間の汗を吸いにカメラバッグへとやって来たりもします。こういうチョウは、指で触れても逃げません。

B20120909_079_1.jpg
ベニヒカゲ 長野県内 2012/9/9

(上のカット、カメラバッグのD型金具が画面右下に茶色く写っています。山のチョウを求めて歩きまわると汗をかくので、錆び付いてしまいました(笑))


マツムシソウの花で吸蜜に余念がありません。

B20120909_086_1.jpg
ベニヒカゲ 長野県内 2012/9/9

B20120909_092_1.jpg
ベニヒカゲ 長野県内 2012/9/9

これはおまけ。近くのマツムシソウにいたオオチャバネセセリ(たぶん、です^^;)。

B20120909_082_1.jpg
オオチャバネセセリ 長野県内 2012/9/9

夏山の登山適期が短いのと同様、山のチョウのシーズンも短くて、あと少しで終わりを告げます(この記事を書いている現在は、もういないでしょう)。また来年、きれいな姿を観察しに来ることにいたしましょう。

スポンサーサイト
2012-10-13 : 昆虫 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんばんは~。
夏に山梨や長野に行った際、この子の姿も探したのですが、
全く見かけませんでした。
今年は全体的に高山蝶は不作だったのかな?
不完全燃焼に終わりました。
綺麗なベニヒカゲ、見てみたいものです。
2012-10-14 00:07 : Tigerうっす URL : 編集
高山蝶今年最後の輝き
↑ベニヒカゲは今、幼虫で越冬に入ったのでしょうか?
今年最後の成虫での命の輝きを楽しみました。
↓越冬前のクジャクチョウやシータテハはとっても綺麗
ですね!こちらも風雪に耐えた越冬明けの個体を来春
に観察したいです。
2012-10-14 16:15 : ヒメオオ URL : 編集
Re: No title
うっすさん、こんばんは!

わたしが見た範囲に限った話ですが、真夏は標高の高いところにいます。
8月上旬、白馬岳の大雪渓を上がった標高2,200~2,600mあたりにクモマ
ベニヒカゲとまじってたくさん飛んでいました。去年の8月上旬に八ヶ岳で
撮ったときの標高もそれくらいです。少し気温が下がると標高2,000m以下
に下りてくるようで、8月下旬には八方尾根(観光客が出歩く八方池よりも
下)でもかなりの数が見られました。

綺麗な子を撮るなら当然シーズン初期ですが、意外に手こずります。高所の
登山道は足場が悪いところが多い上に、元気すぎて止まってくれないのです。
撮れればもちろんうれしいですが(^^)
2012-10-14 21:11 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: 高山蝶今年最後の輝き
ヒメオオさん、こんばんは!

ベニヒカゲが飛ぶ高原や稜線はもう今ごろ枯れ草に覆われ、朝には
氷が張り、もうすぐ初雪が降るのでしょうね。短いシーズンでした
が今年もミヤマシロチョウやタカネヒカゲをはじめいろいろ楽しま
せていただきました。冬越しのタテハチョウや、そしてギフチョウ
が飛びだす時期まで、山のチョウの舞いはしばらくお預けです。今
年は見ることのできなかったチョウさんたちに来年こそは会いたい
と思いながら(^^)
2012-10-14 21:18 : 椿の茶屋 URL : 編集
フレンドリーな蝶
2コマ目のカメラバックで吸汁する
ベニヒカゲの裏翅の繊細な模様と
顔の表情が素敵ですね!
2012-12-29 16:55 : ヒメオオ URL : 編集
Re: フレンドリーな蝶
ヒメオオさん、こんばんは!

ベニヒカゲは夏山でたくさん飛んでいて、近づくと敏感に
逃げてしまいますが、こういうときのベニヒカゲはまったく
逃げません。表情といい、どこかいとおしいチョウですね(^^)
2012-12-30 22:17 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。