FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

紅葉と山歩き・1

やっとこさ新シリーズを仕入れ、ネタ枯れ脱却です。ただ多忙のため、皆さまのところへおうかがいできるのはもう少し先になりそうです(すいません)

・ ・ ・ ・ ・

日・月曜日で山へ行こうと決めていたこの三連休。期間中少しずつ天気は回復に向かうという予報でしたが、初日・6日(土)の東京は晴れたり曇ったりのはっきりしない天気で、夕方からとうとう降り始めた雨は夜半になっても止みません。降り続く雨の前に決心は揺らぎます。これでは写真もろくに撮れないだろうし、標高の高いところはこの雨が雪になったりしてないかなぁ、と。仕事で疲れた身体をこのまま布団の中に横たえていたいという一方の欲求に突上げられて、動かない理由を頭の中で探している自分がそこにいるというのも分かりました。

逡巡した挙句、雨が止んで薄明るくなった空の色に誘われて自宅を出たのは午前5時過ぎ。降ったり止んだりをなおも繰り返す雨にやきもきしながら、北アルプス山麓・白馬村の登山口に着いたのは午前9時でした。

スキー場で有名な八方尾根と、その上部に聳える唐松岳。標高1,800m近くまでゴンドラとリフトで高度を稼げるため歩く距離が短く、危険な個所がほとんどなく、眺めがよく、しかも山頂近くにきれいな山小屋まであるという至れり尽くせりのこのコースは初心者向け。実は8月の終わりに妻子を連れて来ていて、今年2回目です。

ゴンドラ乗り場の行列に安堵感を覚えたのも束の間、標高を上げてゆくと雲の色が暗くなっていくように感じられます。最後のリフトを下り、スニーカー(中には革靴も)を履いた観光客に混じって歩き始めたのが午前10時過ぎ。

どんよりした光です。木々の葉っぱは赤くあるいは黄色くなってはいますが、すごく感動するというほどでもない程度。簡単に行けるところはまあこんなものかも。

B20121007_002_1.jpg
唐松岳 八方尾根(黒菱平)にて 2012/10/7

ガスが濃くなったり、また薄くなったり。いまにも降り出しそうです。

B20121007_004_1.jpg
唐松岳 八方尾根(第一ケルン上方)にて 2012/10/7

いつものように変わりばえのしないカットが続きます。どうか適当にお付き合いくださいませ(^^;)
スポンサーサイト
2012-10-10 : 山の写真 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

おしえて!
 実は、スキーでは何度と無く
八方はすべりに行ってるんですが
第三だったかな、一番下のケルンまでしか
行ったことないんです。
そこで、紹介の中で
アクセスや料金なども入れてくださると
家も家族でいかれるかなあ、なんて!
2012-10-10 09:16 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
Re: おしえて!
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは!

はい、この書き方はちょっと不親切でした(^^ゞ)ここのリフトは
入り組んでいて、わたしにとっても正直なところちょっと分かりに
くかったです。スキーシーズンならそんなことを気にせずに滑って
乗って移動すればいいのでしょうけど、夏はそうもいかないので、
地図やwebをあれこれ調べて場所を確認してから行きました。次回の
記事でご紹介させていただきます。

ここのスキー場でわたしは滑ったことがないのですが、長野五輪の
会場にもなったのですね。斜面のところどころにその痕跡が残って
いて、もう14年も前になった大会のことを思い出しました。
2012-10-11 22:35 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。