FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

瀬戸の釣り舟

以前、鉄道撮影に熱中して走り回っていた頃、モノクロをよく使っていました。感度が高いほうが使いやすいのでコダックのトライXや富士のネオパンプレストが中心でしたけど、今になってアルバムを見直してみるとイルフォードでうまくいったときの階調の美しさといったら! 三重県内で特急を撮っていたとき背景に映った海の、絹をひいたような静かな輝きは、プリントも難しく、なかなか再現できません。いつかは再チャレンジしたいという気持ちはありながら・・・しかしやはり銀塩モノクロはしんどいので、そこで今日ははじめて、お手軽にデジタル・モノクロ写真です。

D300で撮った海と釣り舟の画像を現像ソフトで<モノクロ変換>したものです。初めてやりました。Y2やO2といったフィルターの効果を出す機能まで付いていてびっくり。しかし・・・うーん、思ったような調子はなかなか出せないものですねー。まあ難しいという点では結局、銀塩も同じことですが。

教科書通りにいけばこんな感じでしょうか。個人的には満足度70点くらい。ちなみに画面後方にうっすらと写っている高い山は、四国です。

B20120916_029_2.jpg
下蒲刈島 2012/9/16

むしろ下のような、真っ黒と真っ白を捨ててしまったような眠い画面も、空気っぽさが写っているようで、結構好きです。

B20120916_029_1.jpg
下蒲刈島 2012/9/16

画面中央部を横に流れる少し明るい海面が、瀬戸の流れの速いところです。タイか何かを狙っているんでしょうか、職漁師の釣り舟が何艘か、繰り返しここを流しておりました。

スポンサーサイト
2012-09-23 : 旅の写真 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんにちは~。
今日は朝から雨。いかがお過ごしでしょうか?
モノクロ写真、独特の雰囲気がいいですね。
カラー、デジタル全盛の今でも銀塩モノクロを追い求める方がいるのも頷けます。
理想の雰囲気を出すには、現像やプリントの調整が難しそうです。
私の叔父が自分で現像~プリントをする人だったのですが、
亡くなった時、資機材一式もらうこともできたのですが、
適当人間の私には繊細な作業は無理そうだったので、やめました(笑)
押入れに眠っているF3をたまには出してみようかという気にはなるのですが、
わざわざ撮影に出かけて、失敗したくないという弱気からどうしてもデジタルに走ってしまいます^^;
2012-09-23 15:56 : Tigerうっす URL : 編集
No title
はじめまして

一度どちらかからのリンクでこちらにおじゃまして、たまたま昔時々星景写真を撮りに行っていた白馬へ行っていた関係で、こちらの白馬の写真を見て、良いなぁと思いながら見させて頂いてました(^^)
それからちょくちょくお邪魔させていただいてます。

モノクロ、仕上げ難しいですね。自分は近頃フィルムで写真を撮ってるんですが、スキャナーで読み込んでから仕上げにはいつも迷います。
昔印画紙に焼いていた頃も印画紙の選択から露光時間、覆い焼きまで迷いに迷っていたので今も昔も結局同じなんですが(笑
いつかは自分流のスタイルを見つけたいと思ってますけどいつになることやら・・^^;
2012-09-23 21:30 : ぐり URL : 編集
Re: No title
うっすさん、こんばんは!

この週末はむつかしい天気でしたね。もう秋のチョウのシーズンだし
低山を歩きたいんですが、この冷たい雨ではどうしようもありませんね。

銀塩モノクロはかなり適当に撮っても現像~焼付の過程で救えるので
ある意味で露出計いらずですけど、微妙な調子を表現しようとすると
難しいですねー。大学時代に鉄道をモノクロで撮ってバライタ紙に大伸
ばししたりして、大学に暗室もあって・・・という環境で、酢酸の匂い
にまみれていろいろやりましたが、当時のわたしには無理でした(笑)
数年前にはフィルムの現像だけでもと思って器具一式を買い込んでお座
敷暗室にもチャレンジしましたが、これも今では押し入れで眠っている
始末。銀塩モノクロを究めたい気持ちを抑えきれなくなるその日まで、
しまっておこうと思います(^^)
2012-09-23 22:50 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: No title
ぐりさん、こんばんは。 コメント頂戴いたしまして、またいつも
ご覧くださいましてありがとうございます。こちらこそ、いつも楽
しませていただいております。フィルム独特の調子もさることなが
ら、自分とは違うぐりさん独自の視点が目に新鮮に焼きつくように
感じられ、勉強になります。

フィルムというのは現像・焼付とわずらわしく、露出選択の結果を
その場で確認できない怖さもあった反面、選択の楽しみがいろいろ
あって楽しかったです。今度の撮影はどんなフィルムを持って行こ
うか、とか(^^)レバーでフィルムを巻き上げる指に力を込めなが
ら、一枚一枚大事に撮りました。いまもフィルムカメラは4台手元
に残しています。デジタルばかり使うようになって3年近くになり、
気づかないうちに市販フィルムの種類も減ってしまいましたけれど、
フィルムにしか出せない世界があるのも事実でしょう。スキャナー
を買い込んでいつかまた挑戦!と心ひそかに思っています。
2012-09-23 23:21 : 椿の茶屋 URL : 編集
むずかしい!
ゆっくりと、特にデジタルでの技法、
講義を入れてください。
私は、20代の、まだ岩にしがみついてもいたとき
好んでモノクロを撮って、金もないのに六つ切り四つ切にしていました。カラー写真では味わえない、言葉では言い表せない、岩壁の陰影が、素人写真でも、ポク表せてひとり受けに陥っていました。
2012-09-24 06:35 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
Re: むずかしい!
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは!

あ、分かりにくかったですか。すいません(^^ゞ
デジタル技法、わたしもそんなに詳しいほうではないんですが、どの
へんをご説明しましょう。とりあえず今思い当たる範囲で・・・

デジカメで写真を撮ると、その画像データは電子的なファイルになりま
す。このファイルは当然なんらかの電子的な「文法」に則って作られて
いて、この世にはいくつかの文法形式があります。代表的なのがJPEGと
いわれる軽い形式で、コンデジは大抵これです。JPEGで撮ってそのまま
アップする「撮って出し」の方も多いと思いますが、わたしの場合基本
的にRAWという形式で撮ります(一眼レフや高めのコンデジには、この
形式で撮る機能がついています)。RAWには、ファイルが重いという短
所がある一方、画像の明るさや色合いをいじる自由度が高い、というメ
リットもあります。

RAW形式で撮ったファイルの加工は、パソコンにあらかじめ入れている
「現像ソフト」といわれるソフトで行います。わたしの場合カメラが
全部ニコンなので、同じメーカーのCapture NX2というソフトを電器
屋で買ってきてインストールしました。他にも何種類か有名なものがあ
ります。無料で配布されているようなものもあるかもしれませんが、こ
のへんはまったく詳しくありませんのでご容赦ください。

次に、このソフトをどう使うか。これはノウハウ本を買ってきていじり
ながら覚えるのがいちばんかもしれません。例えばトーンカーブといわ
れる曲線の形を変えてやると画像の調子が硬くなったり柔らかくなった
り。昔の銀塩モノクロで印画紙を3号から2号にしてみたり、現像液の温
度を上げて現像時間をきりつめてみたり、といった操作で得られた効果
が、机の上で再現できてしまいます。そして最後、好みの調子に仕上げ
たRAWファイルを軽いJPEG形式のファイルに変換し(これもソフトにや
らせます)、大きさをfc2ブログの制限500KB以内に抑えるよう細工を
しておしまいです。

「デジタル技法」という言葉から思いつくことを咄嗟に書いてしまいま
した。分かりきったことを書いているようでしたら、どうかご容赦くだ
さい(^^)
2012-09-25 00:43 : 椿の茶屋 URL : 編集
追記
全く「撮って出し」です。コンデジの操作画面にJPEGと書いてあるので、そのままです。RAWのことなど考えたこともありませんでした。それでは本屋に行ったときに入門本を買って、気に入った写真は、加工できるようにして見ましょう。ありがとうございました。
2012-09-25 07:04 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
Re: 追記
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは!

ちゃんと書けてないような気もしますので、念のため二点追記です・・・

・コンデジの多くは、RAWでの撮影はできません。JPEGもソフトで加工
 できなくはありませんけど、範囲は限られます。
・ひとことでRAWと申しましたが実は、RAWファイルの「文法」はカメラ
 メーカーによってまちまちです。つまりカメラとソフトとの間に「相
 性」があるということで、たとえばわたしが使っているニコンのソフト
 では、キヤノンのRAWファイルは開くことさえできません。使うカメラ
 に合ったソフトを用意する必要があります。

お役にたてれば幸いです(^^)
2012-09-25 23:49 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。