FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

リベンジ白馬岳・11・朝の尾根道

今日は白馬岳から北へ主稜線を歩きます。なだらかな尾根道で、NHKのドラマ『坂の上の雲』のエンディングに出てくる場所でもあります。

下の通り晴れていれば、歩きやすくて気分のいいコースなんですが、しかしこんな優しそうな山でも低気圧に遭遇したりするととんでもないことになります。暴風雨から身を隠す場所が少ないのです。そのことは椿の茶屋としても昨年夏の子連れ登山で痛く思い知ったところでした。また、今年5月(その時期はまだ雪山ですけど)にこのルートで6人の登山者が落命したというのも、記憶に新しいところです。

B20120810_037_1.jpg
白馬岳 白馬岳頂上付近より小蓮華山方面を望む 2012/8/10

ともあれ、安全第一で今日の一日を楽しみましょう。道行けば花もいろいろ。コマクサに・・・

B20120810_041_1.jpg
コマクサ 白馬岳 2012/8/10

時期を逸したウルップソウ・・・(残念!)

B20120810_040_1.jpg
ウルップソウ 白馬岳 2012/8/10

他にもまだまだ・・・

B20120810_044_1.jpg
白馬岳 白馬岳~小蓮華山 2012/8/10

振り返れば白馬三山と、その向こうに連なる峰々。唐松、五竜、鹿島槍と続いているはず。

B20120810_059_1.jpg
白馬岳 小蓮華山付近より白馬岳方面を望む 2012/8/10

お花畑入りのカットも(^^) ガスが上がってきていて構図に制約を受けたのが残念。

B20120810_073_1.jpg
白馬岳 小蓮華山付近より白馬岳方面を望む 2012/8/10

白馬岳頂上から次の小屋まで約3時間。尾根道歩きはまだ続きます。

スポンサーサイト
2012-09-10 : 山の写真 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
凄い、素晴らし~い!
かわいいコマクサは実際にみたことがありますが、高山植物は写真図鑑でしか知らないのです。
この雄大さ、この素晴らしい景色、山を知っている方が羨ましいです。
続きを楽しみにしています。
2012-09-11 00:51 : ひつじ草 URL : 編集
すばらしい!
娘さんの一生の記憶に残る
稜線漫歩ができたことでしょうね!
(五月の事故のこと
知らずにいました。)
2012-09-11 07:01 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
はじめまして!
こんばんは!
白馬岳の尾根道からの風景、とても素晴らしいですね。
神々しいというかなんというか、言葉に出来ない美しさを感じます。
自分は登山等の経験がないので、この様な写真を撮りに行けないので、
こちらのブログで山に登った気分になって拝見しております(笑)

素敵なお写真をありがとうございました。
2012-09-11 21:12 : きみひと@ URL : 編集
No title
白馬岳からの稜線に続く山並み、いいですねぇ。
絵になる山ですね。
ウルップソウ、まだ見た事は無いんですが残念でしたね。
2012-09-11 21:59 : きさく URL : 編集
Re: No title
ひつじ草さん、こんばんは!

わたしが初めてコマクサを見たのはつい昨年のことなのでエラそうな
ことは何も言えませんが(笑)、高山植物界の女王というだけあって
目に入ってくるとやはりうれしくなります。山小屋のそばや登山道の
脇で、保護されて群生している姿をよく見かけます。本当は、こうい
う美しい花に対する賛美の声を娘の口から聞けるともっとうれしいん
ですけど、どうも花よりダンゴのほうが好きなようで(^^;)今後の
課題です。
2012-09-11 22:51 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: すばらしい!
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは!

ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、昨年この場所で氷の嵐の
中を長時間歩き続けたことは、中学に上がったばかりの女の子にとって
きつい洗礼だったと思うのです。そのことは記憶に焼き付いているので
しょうけど、でもこの日の稜線漫歩でその山の良さを見直してくれたら
なぁーと願います。それが今回、わたしにとっての「リベンジ」です。
2012-09-11 23:00 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: はじめまして!
きみひと@さん、こんばんは。 こちらこそ、はじめまして!
常々楽しませていただいております。たとえば軍艦島シリーズ、
とても興味深く拝見しておりました。

山には山岳写真専門の方(アマチュア)がよくおられて、一眼
レフ数台に交換レンズ数本、三脚は二本といったすごい量の機
材を一人で持ち上げて撮影しておられるのを見かけます。まあ
そういう本格派に比べればわたしのは三脚も使わずパパッと撮
る、いわば山歩写真です。そんな作品ですが、山の美しさを少
しでも感じとっていただけたなら、それはとてもうれしいこと
です。ありがとうございます(^^)
2012-09-11 23:08 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: No title
きさくさん、こんばんは!

ウルップソウはなんとかモノにしたかったのですが、ちょっと
遅かったようです。しかしあと1週間早く来ていれば逆にミヤマ
アケボノソウは咲いてなかったかもしれないし、難しいところ
ですね。やはり標高3,000m近い主稜線、晴れれば天国!嵐が吹
けば地獄!です(^^;)
2012-09-11 23:12 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。