FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

リベンジ白馬岳・7・高嶺の仙人

白馬岳の頂上付近で経験した出会い。ライチョウ、ミヤマアケボノソウに続いて・・・チョウでした!

標高2,500m以上の限られた高所に生息する高山チョウです。見ての通り地味なチョウで、人呼んで「ハイマツ仙人」。

B20120809_125_1.jpg
白馬岳 タカネヒカゲ 2012/8/9

高山の稜線の風は吹けば強烈で、その度にタカネヒカゲは体を傾け石に寄りかかるようにしてやり過ごそうとします。厳しい自然環境に生きるチョウです。

B20120809_126_1.jpg
白馬岳 タカネヒカゲ 2012/8/9

ただ、そういう行動はたっぷり観察できたのですけど、残念ながら翅を開いた姿は見せてくれませんでした。というわけで、翅裏の写真ばかり3枚(^^;)

B20120809_130_1.jpg
白馬岳 タカネヒカゲ 2012/8/9

登山中、ベニヒカゲは標高およそ2,000m以上の至るところに飛んでいて、よく見るとその中にクモマベニヒカゲが混じっています。ヒオドシチョウの仲間らしきオレンジ色系のタテハチョウの姿もちらほら。ただ、クジャクチョウやキベリタテハは、ちょっと時期が合わなかったかな?今回の山行では見ることができませんでした。

スポンサーサイト
2012-09-01 : 昆虫 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

高山超!
チョー、高いところに生息している
蝶なんですね。ホントに地味で、
狙ってとる気で撮らないと
なかなか写せなさそうですね!
娘さん、待っててくれましたか?
2012-09-01 20:25 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
Re: 高山超!
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは。
おっ、座布団一枚です!(笑)

この通りの外見ですから、ほとんどの登山者はタカネヒカゲ
に気づくことなく通り過ぎていきます。しかしそう簡単に出
会えるチョウではないので、見つけたら食い下がってでも、
という積もりで撮ります。

さて、子どもは実は大の虫嫌いです。田舎育ちのわたしと東
京育ちの子どものこのギャップを埋めるのはちょっと大変で
す。このときは白馬山荘のレストランで、コーヒー一杯で粘
りながら、持参した宿題のプリントをやっていたはずです(^^)
2012-09-01 22:11 : 椿の茶屋 URL : 編集
No title
こんにちは

岩に止まる姿は素人眼には区別出来ない程の保護色ですね
私ならきっと私も見過ごしてしまったと思います。

先日の富士山でも↑3000mで数羽の蝶を見かけたのですが、疲労困ぱいで撮影する余裕すらありませんでした^^;
2012-09-02 14:10 : チンタ URL : 編集
ハイマツ仙人逢いたいな!
ハイマツ仙人タカネヒカゲは数多い未見・未撮種
の1種です。風格があって素敵な蝶ですね!
2012-09-02 18:11 : ヒメオオ URL : 編集
Re: No title
チンタさん、こんばんは!

この子に気付いたのは、飛んでくれたおかげです。ベニヒカゲは
山頂付近でもたくさん飛んでいて、でもこいつ朱色じゃないなー
と思ってよく見たら、タカネヒカゲだったというわけです。
登山口から7時間歩いた後のことで、腹這いになって撮影しました
もんで、小屋に戻ったときにはヘロヘロになってました(笑)
2012-09-02 20:04 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: ハイマツ仙人逢いたいな!
ヒメオオさん、再びこんばんは!

元々タカネヒカゲを狙って白馬へ登ったのではないんですが、
白馬山荘の横に捕獲禁止の看板が立っていて、へぇここにいる
んだと思って登っていったら、たまたま飛んでくれた次第です。
今回見かけたのはこの個体だけでした。ラッキーです。

その後どこかで教えられたこのチョウの生息地は(ここを含め
て三ヶ所ありましたが)いずれも本格的な登山の対象となる山
ばかりで。山やっててよかったと思いました(^^)
2012-09-02 20:23 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。