スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

夏の終わりの鞆の浦・4・この町とはいったい

言うまでもないことですが、鞆の浦は港を中心に発達し栄えてきた町です。

バスの発着所も港のすぐそばにあります。その辺りから港を見渡せば、真中に有名な常夜燈、そして背後の山の中腹に医王子という寺があります。

夏休みが終わったばかりの平日です。港は静かに、陽だまりの中でじっとしているようでした。

B20100902_017_1.jpg
鞆の浦にて 2010/9/2

医王子に上がってみます。白い花崗岩を積み上げて作られた、この地方らしい石垣が、道の両脇に続きます。

B20100902_043_1.jpg
鞆の浦にて 2010/9/2

医王子からの眺め。青い空と海と島影が、どこまでも続いているようです。

B20100902_052_1.jpg
鞆の浦にて 2010/9/2

さて、もし橋が架けられるとしたら、上のカットでいいますと、常夜燈の少し向こう側あたりから、真横一文字に貫くような感じになるはずです。

人間であれ町であれ、自分は一体何者なのか、という己の来し方から離れて生きることはできないものだと思うのです。人生が嫌になったからといってそれまでの長い人生を捨てることなどそう簡単にはできない(無理をすればその先には不幸や破滅がぽっかりと口を開けて待っていたりする)ように、町にしたって望んでなれる姿となれない姿があります。町の中核であるこの古い港を否定したその先には、どんな未来が待っているのでしょう。・・・一旅行者の勝手な感想でした。

昨年晩夏の鞆の浦への旅、以上です。

スポンサーサイト
2011-10-01 : 旅の写真 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
鞆の浦、美しい景色ですねー。どれも魅力的なお写真ばかりで、町歩きしてみたくなりました。



医王寺からの眺め、あと年明けの厳島神社の機内誌と同じポイントの?のお写真 (ほんとうは他にもお気に入りのお写真はたくさんあるんですけれど…山のとかも)

せめて2か所!!同じようにくっきり撮るにはどうすればいいのかなぁ なんてガン見しながら、高望み…してみてます(^^; まぁ無理でしょうけれど…(苦笑

企業秘密でなければ、
お時間のあるときに、レンズ情報教えて頂けますか?
よろしくお願いします。。
2015-01-27 20:12 : eichan URL : 編集
Re: No title
eichanさん、こんばんは!

そちらへおじゃましてご返事しますねー(^^)

2015-01-28 12:02 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。