スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

紅葉と山歩き・6・雨降りやまず

八方尾根のさらに続きです。

標高およそ2,400mの丸山ケルンは、真っ白い風の中でした。あと一週間で山小屋も閉まるというこの季節、風は身体を冷やし、グローブをしていない両手がジンジンしてきます。

B20121007_054_1.jpg
八方尾根 丸山ケルンにて 2012/10/7

ここを過ぎると道端に生える木々の背丈はより小さくなります。紅葉もまた、厳しい高山の気候を感じさせる風情に変わっていきました。

B20121007_060_1.jpg
八方尾根 丸山ケルン上にて 2012/10/7

午後1時20分、唐松岳の山小屋に到着。リフトを降りてから3時間10分、丸山ケルンから40分ほどでした。今年二回目です。ガスで展望もきかないのでそのまま小屋に居座ることに。

・・・8月末の晴れた日、廊下に布団を敷くほどの混みようでしたが、ここを訪れたのでした。今日、凍らせたジョッキで生ビールを楽しんだ喫茶室は閉じられて夏山の華やいだ雰囲気はどこかへ消え、質実剛健な山屋の空気がその場を支配していました。

夕刻、ふらりと外に出ました。雨は降りやまず、白い霧の巨大な流れがうねるように眼下をゆっくりと通り過ぎてゆきます。

B20121007_078_1.jpg
八方尾根 唐松岳頂上山荘にて 2012/10/7

B20121007_079_1.jpg
八方尾根 唐松岳頂上山荘にて 2012/10/7

スポンサーサイト
2012-10-29 : 山の写真 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。