スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

秋の高原では・2・クジャクチョウ

この日最初に訪れたお花畑の主役は、この派手な赤色のチョウでした。時期がちょうどよかったのか、かなりの数が飛んでいました。

西日本にはいないチョウですので、椿の茶屋にとってはなじみがないといいますか、珍しいやつです。だいぶ以前北海道を旅行した際に一頭見かけたことがあって、高い山に登るようになってからはちらほらと見てもおりましたが、間近でゆっくりと観察する機会に恵まれたのは初めてでした。

B20120909_013_1.jpg
クジャクチョウ 長野県内 2012/9/9

マツムシソウとアザミの花が好きなようです。吸蜜をしやすいのかもしれません。

B20120909_035_1.jpg
クジャクチョウ 長野県内 2012/9/9

リンドウにまで。蜜を吸えるのかな、と余計な心配をしてしまいました。

B20120909_090_1.jpg
クジャクチョウ 長野県内 2012/9/9

地面に舞い降りて翅を広げました。四枚の翅にそれぞれクジャクの羽のような目玉模様が入っています。後翅の目玉の縁取りが醸し出す立体感が、なんともいえません(ちょっとグロテスクかも)。

B20120909_030_1.jpg
クジャクチョウ 長野県内 2012/9/9

たくさんいたので、一画面に二、三頭が入ったような写真もさほど難しくなく撮れました。天はたまにはこういう幸運を恵んでくれるようです。

B20120909_006_1.jpg
クジャクチョウ 長野県内 2012/9/9

B20120909_024_1.jpg
クジャクチョウ 長野県内 2012/9/9

ところで、このチョウの仲間はヨーロッパからユーラシア大陸の寒い地方にかけて広く分布し、東の端が日本あたりであるそうです。てことは外国語の名前もあるんだろ、と思って調べてみると、果たして・・・

英語ではEuropean peacock(ヨーロピアン・ピーコック)。Peacockはクジャクですから、命名のエッセンスは日本語と同じ。ドイツ語ではPfauenauge(プファウエンアウゲ)といいました。Pfauはクジャク、Augeは目のことですから、やはり同じ。クジャクチョウは世界に通用する名前だったのでした(^^;)

B20120909_014_1.jpg
クジャクチョウ 長野県内 2012/9/9

スポンサーサイト
2012-09-28 : 昆虫 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。