スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

リベンジ白馬岳・6・高嶺の貴婦人

山頂を制したところで、周囲の植物にあらためて目を向けました。シオガマの仲間の赤い花も目をひきましたけど、それよりも、こんな強烈なインパクトの花があるとは不覚にも存じませんでした。リンドウ科の植物で、主稜線のかなり高いところに咲いていました。

B20120809_133_1.jpg
白馬岳 ミヤマアケボノソウ 2012/8/9

とある解説書には地味な・・・と記されていましたが、うーん、そうかぁ? ゴージャスな黒紫色に、美しい花の造形。人呼んで「高山植物界の貴婦人」だとか。まあ貴婦人は貴婦人でも「夜の貴婦人」って感じがしなくはありませんが、外れてはいない表現だと思います。

B20120809_135_1.jpg
白馬岳 ミヤマアケボノソウ 2012/8/9

B20120809_136_1.jpg
白馬岳 ミヤマアケボノソウ 2012/8/9

ひとつ残念なのは、この花の深い色を現像で絞り出しきれなかったと思うことです。まあそれはともかく、こういう手に負えない花、結構好きです。
スポンサーサイト
2012-08-29 : 山の写真 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。