スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

梅雨の晴れ間の八ヶ岳・11・楽しい山登り

いつもながら長々と引っ張りましたが、梅雨明け前の八ヶ岳、これが最後です。

横岳で見かけたクライミングの人たち。普通の登山とは高度感がまるで違いますね。以前この山へ来たとき立ち話をした年配の男性が、「昔は道具が悪かったからよく落ちたんだよなぁ」ですと。今はそうでもないんでしょうけど、しかし岩登りは真似できないなぁ・・・

B20120624v_061_1.jpg
横岳にて 2012/6/24

ザイルを下ろしています。この後間もなく、三人とも稜線へ上がって来ました。

B20120624v_062_1.jpg
八ヶ岳 横岳にて 2012/6/24

稜線の登山道も険しい箇所がところどころに。鎖を伝ってナイフリッジを渡る場所です。

B20120624v_063_1.jpg
八ヶ岳 横岳にて 2012/6/24

B20120624v_064_1.jpg
八ヶ岳 横岳にて 2012/6/24

ここを抜けてしばらく歩けば、大らかな山容の硫黄岳が眼前に広がります。

B20120624v_069_1.jpg
八ヶ岳 横岳付近より硫黄岳を望む 2012/6/24

硫黄岳の広い稜線。ハイマツ林の広がる山頂付近は(濃いガスが出ると怖いのですけど)のんびりハイキングムード蔓延中。

B20120624v_075_1.jpg
八ヶ岳 硫黄岳頂上付近 2012/6/24

赤岳~横岳~硫黄岳と歩いてきた尾根道の、これが最後の山頂です。あとはひたすら下り。途中、赤岳鉱泉でカレーを食べて(山小屋ですが4種類から選べるのでした)持ち帰り用の湧き水を水筒に詰め、駐車場のある美濃戸へと沢沿いに下りてゆきました。

山が名残惜しくなる、晴れ渡った初夏の沢でした。

B20120624v_092_1.jpg
八ヶ岳 北沢にて 2012/6/24

スポンサーサイト
2012-07-31 : 山の写真 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。