スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

お久しぶり上越線・2・貨物列車往来

鉄道撮影は基本的にアウトドアスポーツのようなもので、曇天の日も小雨の日もあります。低感度のリバーサルフィルムを使っていた頃は、そういった光量が制約される条件下で被写体ブレを起こさないだけのシャッター速度を確保するために絞りを実用範囲内のぎりぎりまで開けなければならず、すると被写界深度は浅くなります。そのわずかしかない合焦面を画面内の狙った位置に持ってきて固定する、いわゆる置きピンをするのですが、ピント位置を意図した通りにコントロールしかつその位置に列車が差しかかった瞬間にシャッターを切るという動作ができるようになるまでが実は一苦労で、そんなわけでカラーリバーサルを始めてからしばらくは失敗の山でした。しかし、誰にも教わることができずに何度も繰り返したその失敗が、結局いろんなことを教えてもくれた気がします。

一枚切りにこだわるのはいったん止めて、動体視力の衰えた中年男らしく連写機能に身を委ねることにしました。わがカメラD300の連写速度は秒間せいぜい5コマちょっとというところですが、それでもちゃんと実用になります。撮り進むにつれて、カンが少し戻ってきました。

最新鋭の大型電気機関車EH200が牽引する、コンテナ満載の下り貨物列車。上越国境から越後平野に向かって坂を駆け下りるせいもあってか、貨物列車とは思えないほどの速さを感じます。ちなみにこの列車は、神奈川県内の始発駅を前夜の午後10時前に出発し、機関車を取り替えながら延々と走って札幌まで行くのです。終着は、明日の午前6時過ぎ。二晩をかけて走るのですね。

B20120526_011_1.jpg
貨物95レ 梶ヶ谷発札幌行き 上越線越後湯沢~石打間 2012/5/26

続いて、上り列車を順光で捉えられる場所へ移動。以前よく通ったポイントです。直線区間で単調なのが玉にキズですが、ここは手堅く、三脚にカメラを固定して。

681系「はくたか」が、さわやかに走り抜けていきました。福井を午前7時半に出て、あと一息で終点です。

B20120526_012_1.jpg
特急1005M「はくたか5号」福井発越後湯沢行き 上越線六日町~塩沢間 2012/5/26

そしてまたも貨物列車。機関車の後ろにはあずき色のコンテナがずらりと並び、力強さいっぱい。

B20120526_016_1.jpg
貨物2082レ 新潟発梶ヶ谷行き 上越線六日町~塩沢間 2012/5/26

このほか115系の上越線ローカルや681系貫通型もやってきて、目を楽しませてくれました。久々の鉄道撮影を堪能した半日でありました。

あと一回、おまけ編があります。

スポンサーサイト
2012-05-29 : 鉄道写真 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。