スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

八月の八ヶ岳・10・下山

横岳で高山植物を愛でつつ鎖場歩きを堪能して斜面を下りると、気分はそろそろ下山です。

硫黄岳山荘で早めの昼食を取り、硫黄岳のだだっ広い山頂を過ぎ、陽射しを遮るもののない暑い斜面を下りると、赤岩の頭という場所に出ます。ただいま歩いてきた硫黄岳が、どーんと聳えています。

B20110808_069_0.jpg
赤岩の頭より硫黄岳を望む 2011/8/8

もうちょっと右を見ると横岳ですが、残念ながらガスの中。そのまた先にある赤岳は、言うに及ばず。最後までガスにつきまとわれました。

B20110808_068_0.jpg
赤岩の頭より横岳方面を望む 2011/8/8

赤岩の頭から樹林帯の中をジグザグに下りてゆくと、やがて谷底からは濃いガスが大量にもわっと上がってきました。いやな感じ。そして今日もまた雨に・・・幸いなことに、雷鳴は近くにはやってきませんでしたが。

坂を下りきって平坦な道をしばらく歩くと、赤岳鉱泉(山小屋です)の雨に濡れた建物が見えてきます。

B20110808_070_0.jpg
赤岳鉱泉 2011/8/8

ここの水場の水は(あくまで個人的感想ですけど)なかなかおいしく飲めます。水筒一本に詰めて持ち帰り、冷蔵庫で冷やしてしばらくその透明感のある味を楽しみました。半分以上は子どもたちの胃袋に収まってしまいましたが(^^;)

雨の中で疲れた身体をしばし赤岳鉱泉で休めた後は、眺めのよい沢に沿って歩き、最後は平凡な林道歩きに退屈しながら、やっと美濃戸登山口に戻って来ました。午後3時半。

B20110808_072_0.jpg
美濃戸登山口に戻って来た 2011/8/8

8月7~8日の八ヶ岳シリーズは以上です。しかしこの後も、天候に恵まれない山歩きは性懲りもなく続くのでありました・・・

てなわけで、次のシリーズもまた山です。これは八ヶ岳以上に厳しい山でありました。

スポンサーサイト
2011-08-30 : 山の写真 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。