スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

紅葉求めて奥多摩登山・4

今日(30日・土曜日)の東京は、一日雨が降り続きました。明日は晴れ間ものぞくようですが、紅葉はどうなっているでしょう。山に登って紅葉を楽しむのにいい日になるでしょうか。

さて、帰りのバスや電車が混む前に、下山にかかります。山頂から南へ行ったムシカリ峠というところから東の谷へとまっすぐ下りる道を選びました。

山でそうするのがよいことか悪いことかは別として、椿の茶屋は長時間の徒歩通学をしていたおかげで、今でも足は多少速いほうです。だからたくさんの方を追い抜くことになりまして、道端に広がる広葉樹の落ち葉をかき分けながらくちぐちにキノコの名前を言っておられるのが次々に耳に入って来ます。猛暑のせいなんでしょうか、今年はキノコが豊作だそうです。写真撮影ツアーらしき方々の一行ともすれ違いました。三脚にカメラを取り付けて上方を見据えておられます。そろそろ寒くなる季節ですから、狙いは野鳥でしょうか?

道が谷底に近づくと、そこは沢です。一筋のか細い流れは進むほどに山肌から水を集めてゆき、そして次第に水量豊かな広い沢となってゆくのが分かります。

B101024_041_1.jpg
三頭山にて 2010/10/24

沢の水音はどんどん大きくなり、やがて吊り橋が見えてきた、と思ったら、そこには滝が。

B101024_045_1.jpg
三頭大滝 2010/10/24

いや、こんな小さな滝じゃありません。後で調べると落差30mと書いてありましたが、もっと大きいように感じました。35mm判換算27mmの焦点距離では、滝の全容を画面に収めることはできません。

B101024_046_1.jpg
三頭大滝 2010/10/24

滝から森林館までは、ウッドチップを敷き詰めた、膝にやさしい平坦な道が続きます。深い谷の向こうを見渡せば、そこにも紅葉が。

B101024_048_1.jpg
都民の森にて 2010/10/24

ついにバス停に戻って来ました。登り始めが午前9時半、下山が午後0時半。休憩や撮影の時間を除けばちょうど2時間くらいの歩行でした。椿の茶屋にはいまひとつ手ごたえのない距離ですが(^^;)早く帰宅したいので、これくらいで我慢します。

そして、であります。山中で登山客を賑わせた秋の山の恵みは、はたして売店にも置いてありました。

B101024_049_1.jpg
おみやげのキノコ 都民の森にて 2010/10/24

どういう種類なのか聞いたにもかかわらず、忘れてしまいました(^^)ゞ。たしかシメジの仲間です。いいダシが出るので味噌汁にするといいこと、また塩水で洗うべきことを注意されました。

その晩の、わが家の食卓には!

B101024_051_1.jpg
キノコ汁 2010/10/24

以上です。

スポンサーサイト
2010-10-30 : 山の写真 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。