スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

鉄道撮影「成田エクスプレスという列車」

1991年以来成田エクスプレスに使われてきた253系がこの夏で運用を離脱するそうです。海外へ仕事で行くことの(一時)多かった椿の茶屋にとっては忘れられない電車であるだけに、今のうちに撮っておこうと思います。

何度往復しても、海外出張は国内とは違います。東京駅の地下ホームであの独特の形をした赤白ツートンの車体を見ると、まず体に「さあ行くぞー」という緊張が走ります。そして車内に足を踏み入れれば、外国人乗客の姿も多数。内装もどこか日本離れしていて、もうここは半分外国のようなものです。そんな車内で心の底に一抹の不安のようなものを抱えながら、でもがんばろう、何とかなるさ!と自分を励まし乗る列車、それが椿の茶屋にとっての253系でした。そして帰路、お土産をいっぱい抱えて妻子の待つ家へと急ぐ足もまた253系でした。

さて、編成として253系を撮ろうとすれば、足は自然と千葉よりも先の田園地帯に向きます。かっこいい写真を撮れます。とはいえ、人々の海外への期待や不安や家に残してきた家族への気持ちが画面からにじんでくるような写真があったらいいなあ、と考えると、やっぱり自分は都心で撮りたいのだろうかとも思ったりします。

B100328_025.jpg
特急2035M 成田エクスプレス35号(池袋発成田空港行き) 新宿駅 2010/3/28

駅で一枚。日曜日午後の新宿駅には30分おきに成田エクスプレスがすべり込んできます。この時間から空港に駆けつけて乗るのはアジアの便が多いでしょうから、お客さんは観光客風かあるいは中国系とおぼしき人たちが中心で、決して混んでいるとはいえない状態。この画面じゃ、国際空港連絡列車だなんて知らない人には分かりませんわな。シリアスな写真を狙いにいくんだったら、時間帯をよく考えるべきでした。出直します (^^;)

ともかく、鉄道が時間通りに走るのは日本が世界に誇れることです。普段鉄道の遅れに悩まされているある英国人が、ロンドン地下鉄のトップに日本人を雇って改革してもらえと言っていたのをふと思い出しました。バトンを引き継ぐE259系も日本の玄関の顔らしく正確に走り続けてほしいなと思います。
スポンサーサイト
2010-03-31 : 鉄道写真 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。