スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

【国鉄写真館】特急にちりん

最近、高尾山歩きと身近な鳥の写真ばかりです。そこで、久々の国鉄写真館です。

今から20数年前、昭和の終わり頃の、日豊本線特急「にちりん」号です。現在「にちりん」はほとんどが別府・大分よりも南だけの運転となっていますが、当時は門司港や博多から宮崎・西鹿児島まで通しで運転していました。

先頭は、JNRマーク付きのボンネット型クハ481。今はもう、大宮の鉄道博物館くらいでしか見ることができません。そういえば、JR九州に残っている485系も、来月のダイヤ改正で定期列車からは引退だとか。

その向こうに広がるのは日向灘。白い屋根の建物群は、たしか養鶏場ではなかったかと思います。

椿の茶屋は小さい頃から宮崎を何度か訪れていて、暖かくて好きな場所です。鳥インフルエンザに口蹄疫、そして新燃岳噴火と、最近災難続きのご様子ですが、かげながら応援しております。

B_W20100410_FH000032.jpg
特急「にちりん」 TX

当時、宮崎県の美々津にあったリニアモーターカー実験線の展望塔からの撮影です。その実験線も、廃線となってから既に15年。月日の経つのは速いものです。

スポンサーサイト
2011-02-15 : 国鉄写真館 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【国鉄写真館】DE10型ディーゼル機関車運転席にて

すごく久しぶりに、国鉄写真館です。

ある車両基地(日時や名前を出すのは念のため遠慮します)を見学に訪れたときのこと。係の人が、構内に駐まっているDE10型ディーゼル機関車の運転台に案内してくださいました。

ローカル列車の牽引にも使えるようにと作られたDE10ですが、運転台は横向き。主として入換で活躍したDD13と同じ作りでありまして、その点は長距離運転前提のDD51やDF50などとは違うところです。

B_W20100410_FH000024.jpg
DE10型ディーゼル機関車運転席

そして係の人が(たぶん機関士だったのだろうと思います)、マスコンを引いてごらんなさいと言われました。昔はおおらかでしたね。小学生の頃、日曜朝の電車に一人で乗っていたら、運転士さんから「運転台に来るか」と声を掛けられたことがあります。クハ76でした。あのとき素直にご厚意に甘えておけばよかったなあ、運転士さんに悪いことしちゃったかなあ…

で、引きました。何ノッチあったのか、もう覚えていません。一段引くごとにエンジン音が高まってゆきます。最高段に入れると、運転台はもう轟音と振動の渦。会話もろくに聞こえません。1,350馬力のV型12気筒ディーゼル機関が全力で運動するさまは、クラッチを切った状態とはいえ、すさまじいものでありました。本線走行で実際にここまで入れることもある、とおっしゃってました。

大量に製作されたDE10ですが、すっかりその数を減らしてしまいました。それでもたまに見かけると、運転台にまつわる楽しい思い出も、ちょっと苦い記憶も、よみがえってきます。
2010-08-12 : 国鉄写真館 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【国鉄写真館】湖に消えた駅・福塩線八田原

最近ネタが特定の分野に偏りすぎて、ちょっと書き飽きてきました。本日は国鉄写真館です。

呉線で111系を撮った昭和61年春のある日の午後、その足で福塩線の八田原(はったばら)を訪ねました。備後三川駅と河佐駅の間にかつて存在した駅です。

ダムの底に沈むことが既に決まっていて、駅の周りは見渡す限りススキ原。ただ一軒残っていた民家も空き家でした。

B_W20100410_FH000020.jpg
福塩線八田原 レンズ50mm フジNP-F 1986/4/1
八田原駅全景。3両か4両も入ればいっぱいになるような短いホームの、簡素な造りの駅でした。

B_W20100410_FH000017.jpg
福塩線八田原 レンズ50mm フジNP-F 1986/4/1
三次から走って来た上り普通列車。キハ58とキハ40の混成で、なんと5両編成。ホームに入りきりません。列車が出発するのを待っている車も、今となっては時代物です。それにしても、なんでネオパンFなんか使ったんだろ。

続きはまたいつか、気が向いたら書きます。
2010-06-08 : 国鉄写真館 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【国鉄写真館】昭和61年春・呉線111系

GWに仕入れた撮り鉄ネタが尽きてしまい、書くに困って古い写真を本棚から引っ張り出してきました。昭和61年4月の呉線を走る111系電車。

椿の茶屋が物心ついた頃は80系と70系がローカル列車の主力で、それに153系や111系が混じって働いていましたが、どれも115系に置き換えられてパタパタと消えていきました。この写真を撮った当時は既に115系0番台と2000番台が幅をきかせていたはずで、まだ111系も走っていたとは記憶に残っていなくてちょっと意外でした。

B_W20100410_FH000001.jpg
呉線忠海~安芸幸崎間 1986/4/1 レンズ50mm イルフォードPAN-F

ここは今でもたまに作例を見かける有名撮影地です(^^)自動車で乗りつけて撮り鉄をするなんていうゼイタクを覚える前のことで、まだ有人駅だった安芸幸崎から2kmくらいの道のりを歩きました。好天に恵まれ、瀬戸内の海はどこまでも静かで、桜が咲いていたのを覚えています。とても楽しい思い出の撮影行でした。

B100527_001.jpg
2010-05-28 : 国鉄写真館 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。