スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

桜の園のメジロ

メジロです。このシーズン、珍しくもなんともない鳥さんですが・・・桜や梅の枝の間を飛びまわり、花をつついて回ります。この季節の風物詩!の感があります。

満開となったカンザクラの樹上にて。

B20130309_006_1.jpg
メジロ 新宿御苑 2013/3/9

B20130309_009_1.jpg
メジロ 新宿御苑 2013/3/9

B20130309_038_1.jpg
メジロ 新宿御苑 2013/3/9

メジロの変顔(笑)

B20130309_024_1.jpg
メジロ 新宿御苑 2013/3/9

スポンサーサイト
2013-03-27 : 野鳥 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

冬の探鳥・5

都内の雑木林で見つけたコゲラです。そこいらじゅうで木をたたいているキツツキくんですが、動きが速い上に警戒心が強くて、椿の茶屋が持っている35mm判換算500mmほどのレンズではなかなかきれいにカメラに収めることができません。が、この日は自分の身体を隠す障害物があったおかげで、間近でしばし観察することができました。

細い枝にぶら下がりました。

B20130210_044_1.jpg
コゲラ 東京都内 2013/2/10

態勢を整えて・・・

B20130210_046_1.jpg
コゲラ 東京都内 2013/2/10

細い枝ですが懸命につついてます。木の皮をほじりたがるのは、キツツキのさだめ?

B20130210_048_1.jpg
コゲラ 東京都内 2013/2/10

昨日(3月16日)、東京でもソメイヨシノの開花宣言が出されたそうで、いよいよ周囲は春本番。というわけで、冬の鳥のお話はそろそろ終わりにいたしましょう。

2013-03-17 : 野鳥 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

冬の探鳥・4

クロジから少し離れた場所で、ミヤマホオジロを見つけました。これもなかなか出会いの機会のない鳥で、椿の茶屋が見たのは2年ぶりです。10羽ほどの群れを作り、シジュウカラなどにまじって、落ち葉のたまった斜面に静かに陣取ってエサを探しておりました。物陰に隠れての撮影です。

鮮やかな頭頂部の黄色。胸にある逆三角形の茶色の模様も<前掛け>のようで、かわいらしいなぁと思う鳥です。

B20130211_014_1.jpg
ミヤマホオジロ(オス) 東京都内 2013/2/11

B20130211_015_1.jpg
ミヤマホオジロ(オス) 東京都内 2013/2/11

小ぶりな身体で、枯葉の山の中の保護色になっていて、しかも鳴き声も何も立てないものですから、そこにいると知らなければ気づかないでしょう。実際ほとんどの人は、何してんだか?という顔で通り過ぎていきました。撮影していても、つい見失いそうになります。

B20130211_009_1.jpg
ミヤマホオジロ(メス) 東京都内 2013/2/11

35mm判換算で500mmほどの焦点距離のレンズではピント合わせに苦しむ撮影でした。こういうことをやっていると、さらに長い玉が欲しくなります。いや、わたしは足るを知らねばならん(笑)

2013-03-10 : 野鳥 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

冬の探鳥・3

東京都内西部に足を延ばし、鳥さんを探して明るい林間の道を歩いていたときのこと。植え込みの陰にささっと隠れた黒い影が目に止まりました。

薄黒くてちょっと茶色がかった身体。カヤクグリがこんなところに!?と思って、物陰に隠れながらそーっと撮ってみたら、クロジでした。

B20130211_002_1.jpg
クロジ 東京都内 2013/2/11

アオジに墨を流したような外観の、そのものずばりのネーミングのこの鳥。久しぶりの出会いでした(^^)

2013-03-03 : 野鳥 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

雪の雲取山・3

ここの頂上近くでは、登山道の脇で小鳥が遊んでいるのをよく見かけます。ルリビタキの群れに出会って、おいしい思いをしたこともありました。この日はそこまでゼイタクな観察はできませんでしたが・・・

後頭部にハゲ模様があります。ヒガラでしょうか。

B20130118_039_1.jpg
ヒガラ 雲取山 2013/1/18

ベレー帽をかぶったような、かわいいコガラ。

B20130118_040_1.jpg
コガラ 雲取山 2013/1/18

2013-03-01 : 野鳥 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。